後遺障害弁護士の選び方

後遺障害を伴う交通事故を起こしてしまった場合、高額な損害賠償が予想されるのであれば、弁護士に依頼するのが良い方法です。当事者だけでの交渉では、なかなか解決しませんが、法律のプロである弁護士が代わりに交渉することで、正当な判断がくだされることが期待できます。
弁護士に依頼するメリットとして、専門家に任せているという安心感が挙げられます。また、弁護士を雇うことによって、より戦略的な示談交渉が可能となります。そのため、仮に示談で解決しない場合であっても、裁判に持ち越すことで、望んだ請求額を実現することができます。
また、裁判や自動車保険の内容次第では、弁護士の費用が一部、まかなわれるケースがあります。一般的に高いと思われがちな弁護士費用ですが、場合によっては、削減による効果で、メリットに変わることもありえます。
トラブルによって、過失割合の折り合いがつかなかったり、証拠を無視して一方的な要求をされた場合は、迅速かつ公正な判決のため、弁護士に相談するのが良いでしょう。

INFORMATION

2012-02-18
後遺障害弁護士の選び方を公開しました。
2012-02-18
後遺障害司法書士の選び方を公開しました。
2012-01-09
サイトを公開しました。