後遺障害司法書士の選び方

交通事故に巻き込まれたとき、司法書士に依頼した場合、当然のことですがメリットとデメリットがあります。
まず、メリットとして挙げられるのは、費用が安くすむということです。訴額が140万円以下のケースであれば、司法書士であっても、弁護士とほぼ同じ活動を期待することができます。争っている訴額が安い場合、弁護士に依頼してしまうと費用だおれが懸念されるので、司法書士に依頼することがお勧めです。もっとも、後遺障害が残るような事案では、より高額の訴額が設定されることが多くなってしまいます。
別のメリットとして、交渉や裁判で必要な、訴状や答弁書といった提出書類の作成を依頼することができます。書類の作成は、司法書士の専門分野なので、信用して任せることができるでしょう。
一方、司法書士に依頼する際のデメリットは、やはり、140万円を超える金額の請求に対応できないことでしょう。また、すべての法律の専門ではないため、自賠責や自賠責後遺障害のサポートができないという点も挙げられます。

INFORMATION

2012-02-18
後遺障害弁護士の選び方を公開しました。
2012-02-18
後遺障害司法書士の選び方を公開しました。
2012-01-09
サイトを公開しました。